読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スミスの隠しメッセージ

主にゲーマーの世間話

ありがとう 岩田聡社長

7月13日。日課である任天堂HPのチェックをしていたんです。

そしたら、信じられない文言が載っていまして。

 

代表取締役社長の逝去および異動に関するお知らせ(訃報)

http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2015/150713.pdf

 

任天堂の岩田社長が、胆管腫瘍で亡くなられました。

 

これを見た瞬間、ゾワッてなりました。嘘だろ…って。

昨年手術して激やせはしたものの、ダイレクトでは元気な姿を見せており、すっかり回復したものだとばかり…

つい最近まで、E3絡みのTwitterやFEifの社長が訊くをやってたんだぜ…?

 

こういう時は、ご冥福をお祈りしますとか普通は書くんだろうけど、そういう決まり文句ではなく思ったことを綴っていきたいと思います。

 

ゲーム人口の拡大を目指して、業界に風穴をあけるべく岩田社長が提案したDSとWii。その功績は言わずもがな。

これが無ければ、今頃ゲームはどんどんマニアックで独りよがりなものになり、ネガティヴなイメージばかりが強くなって、ゲームが趣味と口外するのが憚れるような時代になっていたと思う。

岩田社長の考えは正しかった。みんなが明るくなれるゲームを送り出してくれた。

 

昨今はWiiWiiUの失速がありました。でも、これは持論になるけど、ずっといい調子のままってことは何事にもないと思うんだ。浮き沈みが必ずある。

例えばどうぶつの森だって、Wii版が思ったほど売れなかったからこそ、それがバネになって3DS版の会心の出来があるわけで。

今は種を蒔く時期で、力を蓄える。来年以降のNX始め、進行中のプロジェクトはたくさんあるでしょう。さあこれからだぞって時に…

 

徐々にエグゼクティブプロデューサー:Iwata Satoruのクレジットがなくなってくると思うとめっちゃ切なくなる。

運命って何なんだろう?って考えちゃったりします。

 

宮本茂が天才なら、岩田聡は超人というイメージ。

プログラマー出身で物作りの情熱を持ち、経営者としての手腕も抜群。理想の上司すぎて泣ける。

 

これからの任天堂は、ジョブズ亡き後のAppleみたいにフワッフワしてしまうのだろうか。

岩田社長が育てたものをしっかり受け継ぎ、蒔いた種を開花させて欲しい。任天堂なら出来る。出来ると信じる。

 

最後に。

岩っちはユーザーからめっちゃ愛されてるぞー!!

ありがとう岩田社長!

これからも自分はゲーマーで居続けます。

本当に、お疲れ様でした。