読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スミスの隠しメッセージ

主にゲーマーの世間話

スマブラキャラ別講座 クッパ編

スマブラ スマブラ講座 3DS WiiU

今回は、遂に本気を出したクパア!の解説。

よりアクティブになられたクッパ様の進化をご堪能あれ。

 

 

 〜 クッパ

f:id:Smith-Craft:20150112194450j:plain

 

長所

・威力、ふっ飛ばし共に高い技を多く持っている

・特に横スマッシュは全キャラの中でも最高クラスのふっ飛ばし力

・全キャラ中、最も重くてふっ飛ばされにくい

・自身が低ダメージならば、弱い攻撃ではひるまないスーパーアーマーが発動する

・パワーキャラでありながら、地上空中共にある程度機敏に動ける

クッパブレスによる牽制が優秀

・空対空で使える投げ技を持っている

 

短所

・全体的に技の隙が大きい

・体が大きく、攻撃を喰らいやすい

・スーパーアーマーは低ダメージ時限定で不安定なため、あまり当てに出来ない

・着地の隙がかなり大きく、動きづらいうえに狙われやすい

・瞬時に切り返せる技に欠け、素早い攻撃で封殺されがち

 

見た目通りのヘビィ級キャラでありながら、意外とスルスル動ける敏捷性もあるクッパ

長めのリーチによる攻撃は打ち負けづらく、攻撃力の高さも相まって攻めている時のプレッシャーはかなりのものがある。

横強やクッパブレス等で痛ぶったのち、横スマッシュを豪快にぶちかますのがクッパの基本。横スマッシュが決まらなくても、そのまま100%ほどまでダメージを稼げば他の多様な技も撃墜射程圏内に入ってくるため、ガンガン撃墜していける。

攻めている時はかなり強いが、受けに回ると途端に苦しくなってしまう。リーチが長めの分、出が遅い為に切り返す事が難しい。弱攻撃ですら一瞬ためる為、スピードキャラには封殺される危険すらある。

空中攻撃の着地の隙が非常に大きいのが最大の弱点。浮かされて着地を狙われると非常に辛い。そうなってしまった場合、正攻法だけでなく相手の裏をかいて状況を打破する必要も出てくる。

多少の劣勢ならひっくり返せる横スマッシュをチラつかせながら、クッパ様らしく豪快に攻めるべし。

 

 

 〜 技の解説 〜

 

・弱攻撃

二発のパンチを繰り出す。安定して繋がる。

一般的なものに比べ、リーチが長くて威力が高い。場外際ならば撃墜も狙えなくもない。

素早い攻撃にはこれ。リーチを生かして牽制気味に使う事も多い。

しかし、リーチと引き換えに弱攻撃としては出が僅かに遅い。そのため、他のキャラなら反撃できるタイミングでも回避やシールドが間に合ってしまう場合も多いのが弱点。

相手にまとわりつかれた場合、これだけでは振り払えきれない時に備えて他の選択肢も考えておくべし。

 

・横強攻撃

正面に重いパンチを繰り出す。かなりリーチが長く、出も早い。クッパの地上戦の主力となる技。

攻めに牽制にと何にでも使える。ふっ飛ばしも強めであり、120%過ぎほどから撃墜が見えてくる。

反面、懐にまで潜り込まれてしまうと、技が出るまでに潰されてしまいがち。懐に入り込まれないように追い払うのもこの技の役割である。

 

・上強攻撃

前方から頭上と背後にかけて爪でなぎ払う。

主に対空や後方への攻撃として使う。前方には小さいキャラだと当たらない事があるため、前方はないものだと割り切ってもいい。

この技もふっ飛ばし力が高く、120%過ぎから撃墜が狙える。出も早いため、相手に相当なプレッシャーを与える決定打になる。

 

・下強攻撃

しゃがんで足元を二回手で払う。蓄積ダメージが低い内は二回とも入って大ダメージになる。基本は持続の長さを生かして置いておくように使う。

横強だと思った相手に不意打ちの二発目が当たったりする。相手を迎え撃つのに横強と使い分けると地味に嫌らしい。

クッパはしゃがみ移動が可能なので、距離の微調整が横強以上にしやすいのも長所。

当然、外れた時の隙はデカイ。程々に使っていこう。

 

・横スマッシュ

グッと屈んでから、渾身のドロップキックをブチかます大技。横に若干低めにふっ飛ばす。クッパ最大の目玉。

その豪快な見た目に違わず、ふっ飛ばし力は凄まじく高い。ため無しで70%代から撃墜できるほどの驚異的な破壊力を誇る。

これを如何に当てるかがクッパ使いの腕の見せ所。

出はかなり遅く、隙も相当デカイ。闇雲に使ってもそうそう当たらない。が、リーチはかなり長いため、乱戦に突っ込むのにこれだけ素晴らしい技もそうそうない。簡単に2〜3人まとめてブチ抜ける。

出が遅いのはどうしようもないので、突っ込んできた相手へクロスカウンター気味に置いておくように使うのもいい。

判定の強さを生かして相手の小細工ごと問答無用でブチのめすという漢らしい使い方ももちろん出来る。

相手からすれば万が一でも当たってはいけない技なので、かなり警戒される。それを逆手に取って他の技でラッシュをかけるなど、抑止力としても機能する。

一発決まれば戦況が傾くレベルの大技。是非とも使いこなすべし。

 

・上スマッシュ

跳び上がり、甲羅のトゲで相手をドスンと貫く技。上にふっ飛ばす。

出は遅めだが、ヒット時のふっ飛ばしはパワーキャラらしく非常に強い。

地上の相手には至近距離でしか当たらないうえに威力も下がる。対空でのみ使おう。

相手のダメージが100%前後になったら、横スマッシュだけにこだわらずこちらも狙っていくべし。

パワーがある分、隙もデカイ。外すとやられるので注意。

 

・下スマッシュ

甲羅に入ってその場で高速スピン。連続ヒット後に上へふっ飛ばす。

前後に身を守るように攻撃する。回避狩りや迎撃に。

出は遅いので、近づかれきってからの反撃としては機能しづらい。素直に逃げるか、別の手段で。

 

・ダッシュ攻撃

走り込んでダッシュ蹴り。リーチ長め。

意外と足が早いので、普通に使える。が、見た目よりも発生が微妙に遅く隙も少なくはない。可もなく不可もないといったところ。

素早く強襲をかけたい時に。

 

・掴み、投げ

掴み攻撃の威力が高めなので、投げるよりもそちらが目当て。また、横必殺技の方が色々便利なので役目を奪われがち。

 

・通常空中攻撃

側転しながら攻撃。最大で連続3ヒットする。

全方位に素早く攻撃できるのが強み。持続の長さも生かしていこう。

着地の隙が大きく、低空で使うのはあまりよろしくない。この技に限らず、クッパは空中攻撃の着地の隙がデカイ事に要注意。

 

・前空中攻撃

前方を爪で弧を描くように引っ掻く。

出が早く癖もない為に扱いやすい。空中戦の主力となる。威力はクッパとしては控えめ。

この技も着地時の隙があるが、小ジャンプの上昇中に出せば着地に間に合い隙が減る。基本はこの方法で使おう。

攻めに使うにはいいが、守りに入るとやはり着地の隙が発生してキツくなってくる。そんな状況にならないようにするのが理想。

 

・後ろ空中攻撃

背後にドロップキックをかます。

比較的発生が早く、ふっ飛ばし力が高い。空中で撃墜したい時はまずはこれ。100%過ぎから圏内。

決め技として狙っていきたいが、着地の隙がかなりデカイ。直接狙われるのはもちろん、動きで遅れを取ることにもなるので地味に効いてくる。空振りは避けたい。

 

・上空中攻撃

上方をヘッドバットで攻撃。上にふっ飛ばす。

発生が早めで扱いやすい。単独では120%ほど、上空ならばもっと早い段階で撃墜可能。

だめ押しの追撃で使う事が多い。やはり着地の隙があるが、基本攻めでしか使わないので取られる機会は少なめ。

 

・下空中攻撃

飛び上がってから甲羅に入って逆さになり、回転しながら急降下。

直後に当てればメテオ、それ以降は斜め上にふっ飛ばす。

メテオがついているが、自身も急降下するのでリスクが相当高く、綺麗に決めるのはかなり難しい。

その後の急降下に普通に当てる使い方が基本。ふっ飛ばしも強めであり、やはり120%代辺りで撃墜可能。

始めの飛び上がる動作で相手の攻撃をスカす事も出来たりする。

当然着地の隙はデカイ。が、着地の手段の一つとして捉えると価値が出てくる。

下必殺技とは、急降下中に左右制御が出来る事、落ちるタイミングやスピード、威力が異なる。当て方が微妙に変わるので、相手を惑わせるように選択するべし。

 

・通常必殺技 クッパブレス

口から豪快に炎の息を吐き続ける技。見た目より若干射程が短いが、それでも十分なリーチがある。

押しっぱなしで炎継続、上下で角度をある程度変えられる。吐き続けると勢いが弱くなっていき、使用を辞めれば火力が徐々に戻っていく。

クッパの接近戦の生命線。これを小ジャンプから被せる様に使い、牽制妨害封じ込めを一挙に行い制圧する。

あまり吐き続けず2〜3秒で小まめに切り上げた方がいい。そこまで連続ヒットもしないし、火力が戻るのにも時間がかかるため。

これでジワジワとダメージを奪い、接近戦を優位に進めるべし。

優秀な技だが、さすがに相手を押し込めるほどの力はない。あまり使いすぎると突破してきた相手に手痛い一撃を貰う事になるので注意。

 

・横必殺技 ダイビングプレス

相手を掴み、空中へ飛び上がってダイビングプレスをかましてふっ飛ばす技。

掴んだ後に飛び上がる場所を左右で移動できる。場外へ飛べば道連れが出来る黒い技。

が、相手側も左右制御が可能であり、ダメージが少ない方がより優先される。なので、そうそう道連れは決まらない。

そもそも道連れはひんしゅくを買う行為なので、友達とバカやる以外は使わないように。また、クッパの方が先に自滅するようになっているので、ストック制の最後で使っても負けるようになっている。

道連れ云々は置いといて、空中で相手を掴める投げ技として優秀。ダイビングプレス後のふっ飛ばしも強く、十分に決め手になる技。ふっ飛ばしたい方向に合わせてダイビング場所を変えるべし。

なお、お互いの左右制御でガタガタになった結果、意図せず場外へ落ちてしまう事がたまにあるが、それはご愛嬌ということで。

 

・上必殺技 スピニングシェル

甲羅に入って高速スピンし、空へ舞い上がる技。相手を軽くふっ飛ばす。下スマッシュに似ているというかガメラ

主に復帰技として使う。ボタン連打するとより上昇するので、基本はボタン連打しよう。距離が足りている場合は、より安全に崖や着地場所へ行くための高度調節としても役に立つ。

地上で使うと浮き上がらずに左右に移動が出来る。攻撃として使うにはショボい技だが、出が早い事を利用してまとわりついた相手を追い払うのに使えたりする。弱攻撃で何とかならない時は試してみる価値あり。

 

・下必殺技 クッパドロップ

一瞬構えた後、真下へ急降下して攻撃する技。

構えがあるので出は遅いが、急降下は一瞬。ふっ飛ばし力は非常に高い。

主に乱戦中にごっそり持っていくのに使う。追撃や迎撃を狙う相手を返り討ちにするのにも。

構えの動作は左右の慣性を引き継ぐ特性があり、移動しながら使うとその方向に少しずれる。そのズレを入れた上で落下位置を調整すべし。

威力は高いが、構えや着地の隙が大きいため、冷静に待っている相手には使わない方がいい。同じ急降下技である下空中攻撃との微妙な違いを使い分けられると選択の幅が出る。

地上で使うと、斜め上に飛び上がってから急降下をする。最初の飛び上がる動作に打ち上げる判定があり、そこを当てれば急降下まで連続ヒットする。ダメージ、ふっ飛ばし共に魅力的だが、外すと目も当てられないので慎重に。

 

・最後の切り札 ギガクッパ変身

巨大で凶悪なギガクッパに変身する。

非常にでかくなり、攻撃力も大幅にパワーアップ。大いに暴れまわるべし。実はふっ飛ばし力はそんなでもないので、変身タイミングには気を使おう。

変身時間は結構短く、ひるみはしないがダメージは蓄積する。連続ヒットする飛び道具とかで思わぬダメージも。

が、避けようとして変身時間が無駄になるのは勿体無いし、そもそもデカくて避けきれないのだから被ダメージは無視して攻撃に専念するのが吉。

また、ギガクッパは前作クッパ準拠であるらしく、横スマッシュがヘッドバット、ダッシュが屈んでシャー等の違いが発生している。

 

 

 〜 対策 〜

 

重くてふっ飛びづらくてパワーあってそこそこ素早い。厄介である。

一番警戒すべきは横スマッシュ。戦況を一瞬でひっくり返す破壊力を持っている。出は遅いものの、リーチと判定の強さがある為に例えブッパで使われても事故当たりが怖い。

まずは迂闊に横スマッシュの射程圏内に入らない。特にただ突っ込むのは危険。迎撃に置くように使ってくる事がある。

崖登りや起き上がり時にも横スマをためて待ち構えられたりする。一発でも当たれば勝ち位の威力がある為、反撃覚悟でも狙ってくる事が多い。冷静に見る、という一番の基本こそが対策。

クッパブレスは非常に鬱陶しく、強攻撃などもリーチが長めで戦いづらい。そこで攻めあぐねてジワジワやられると相手の思うツボ。クッパの攻撃は懐に入ってしまえば一気に機能しなくなるのを覚えておいてほしい。

リーチとパワーに優れる反面、出が遅い。弱攻撃ですら遅く、図体のデカさが災いして連続攻撃で畳み掛ければ封殺できる。さらに、空中攻撃の着地の隙が絶望的に大きい。攻めている間は誤魔化せるが、守りに入った途端に着地のせいでまともに身動きが出来なくなるレベル。その隙がクッパ最大の弱点。

そして、重ね重ねになるが、どんなに優勢になっても最後の最後まで横スマッシュには気をつけるように。逆転なんてザラ。

 

 

今作で荒ぶっているクッパさんでした。

なんてったって横スマぶち込むのが楽しすぎる。

が、スミスさん実はクッパ二軍なので、今までの比べてちょっとだけ解説がおふざけ入ってるとこあります。屈んでシャーとか。

しっかし、ようやく大出世したなぁクッパ。DXの爬虫類なんていなかったんや!